北大東特産品開発プロジェクトとは?

北大東村のじゃがいも生産のうち、約15%が規格外として一部廃棄されています。そのじゃがいもを有効活用し、特産品を開発することで、北大東村の発展、活性化に繋げ、また、売上の一部を島の未来づくりに役立てることを目的としたプロジェクトです。

【参加企業・団体名】北大東村/JAおきなわ北大東支店/北大東村馬鈴薯生産部会/生活協同組合コープおきなわ/久米仙酒造株式会社/沖縄ハム総合食品株式会社/有限会社協進食品/社会福祉法人名護学院/社会福祉法人 蒼生の会ネットワークそうせい(敬称略、順不同)

プロジェクトの仕組みと流れ

プロジェクトの仕組みと流れ
プロジェクトの仕組みと流れ

規格外じゃがいもで様々な特産品開発に取り組んでいます。